楽天

急性中毒、解毒薬に関する覚え方 ゴロ合わせ【病態】【薬理】

シェアしてくださいな!!

急性中毒、解毒薬に関する覚え方 ゴロ合わせ 病態 薬理

銅(Cu)の過剰摂取により急性中毒が起きることがある。肝臓や脳などの組織に沈着して肝機能障害や脳変性病、様々な神経症状、精神症状、腎障害等全身の臓器障害を引き起こす。

狙われるポイントとして

ウィルソン病は何の重金属が沈着するのかという点があります。

これを覚えるための覚え方としては

「いる?そんなに⇒どうぞ」

いる そんなに…ウイルソン

どうぞ…Cu(銅)

また、ウィルソン病の解毒薬として代表として

Dーペニシラミン と トリエンチン があります。

Dーペニシラミンは、ペニシラミンがCuと結合して、可溶性キレートが形成されて尿中排泄を促進

トリエンチンもCuとキレートを形成して尿中排泄を促進すると言った作用機序を持つ

↑の二つの覚え方 ゴロ合わせとして

「銅にぺっとりとくっつく」と覚える

ぺっとり

ぺ…ペニシラミン

トリ…トリエンチン

くっつく…銅とキレート形成

シェアしてくださいな!!

フォローする