楽天

発がん物質に関する覚えかたゴロ合わせ

シェアしてくださいな!!

発がん物質(イニシエーター)

発がん物質には2種類
1次発がん物質(直接発がん物質)
2次発がん物質(間接発がん物質)
の二つがある

1次発がん物質は代謝を受けずに作用
2次発がん物質は代謝を受けて 作用

それらの発がん物質が
正常細胞にイニシエーション(DNAに傷をつける)
をすることで
発がんのきっかけになる。

イニシエーションを引き起こす物質ということで
イニシエーターともいう。

イニシエーションとは
initiation
のことで「開始、入場、はじまり」などの意味がある。
発がん過程の「はじまり」となるのである。

一次発がん物質

マスタードガスやナイトロジェンマスタードなどがある。

※ナイトロジェンマスタードは抗がん剤としても使用される。
(アルキル化剤と言われる抗がん剤)

二次発がん物質

生体内で代謝活性化を受けることで
イニシエーションを起こす。

ゴロ

「スッチービビッて便所でアフロ」

スッチーとは昔の「スチュワーデス」(客室乗務員のこと)の略称

スッチー。。。スチレン
ビビッて。。。塩化ビニル
便所。。。。ベンゾピレン
アフロ。。。アフラトキシンB1

プロモーターの覚えかた ゴロ合わせ

「プロと一緒に頑張る。岡田だと皮のボールだった。」

プロモーターとなる成分とその標的となる臓器が隣り合うようになっています!

プロ…プロモーター

一緒…いっしょ

いっ…胃

しょ…塩

がん…肝

ばる…フェノバルビタール

おかだ…オカダ酸

皮…皮膚

ボール…ホルボールエステル

だ…大腸

た…胆汁酸

【衛生】

シェアしてくださいな!!

フォローする