楽天

直接抗コリン作動薬のゴロ 覚えかた

シェアしてくださいな!!

主にベタネコール、カルボコール、メタコリン(コリン)があるが

ベタネコールは「ネコ」なのでカリカリ(ムスカリン)が好き

ベタネコールはムスカリン作用のみ

カルバコールは「バコ」なので「タバコ」みたいにニコチン作用をもつし、タバコ吸う人は「ムスッとしたり、よくカリカリしてる」のでムスカリン作用もある

タバコ吸う人はブランドに「メビウス」とか「マルボロ」とかMで始まるものや、「メンソール」が入ってるタバコだと思ってM作用(ムスカリン作用)もあると覚えると良いかも

そして「ネコ」も「タバコ」もかなり依存性が強くて誘惑に抗いにくいので、「ChE抵抗性」ももつんだ!

コリン(メタコリン)は普通のコリンなので、分解もされるし、ChEにも弱い

ちなみにコリンの構造のアセチル基(ChEのターゲット)がカルバモイル基にする手を加えたからChEに分解されにくくなったカルバコールというのができた。

カルバモイル+コリン→カルバコール

という感じで

シェアしてくださいな!!

フォローする