楽天

これから薬学部に入った人の心構えなどについて

シェアしてくださいな!!

これから薬学部に入った人の心構えなどについて

新入生のみなさま向け、これから薬学部への受験をお考えの皆様へ

私が思う薬学部に入った際の心構えや新薬学生にとって重要な情報を今回は紹介します。

私個人の考えもありますので、自己判断で有効活用してください。

1.薬学部は遊べる大学じゃない!

よく大学生は「今日は1限からだからだるいわ」とか「早目に必要な単位とったから4年生は授業無くて遊びまくりだわ」とか「大学時代はほとんどバイトと飲み会だけだわ」なんて話をする印象があります。
しかし薬学部は普通に「基本的に毎日1限から授業」だし「1年から6年生までのあいだ1限から5限までびっしりと授業を取る必要がある」し、「バイトをしているひとは一部の人間だけ」の学部です!!!
他大学みたいに「何の授業とろうかなー」みたいな選択の自由はありません。

もちろん大学にもよるとは思いますが、基本的に高校生の頃と同じようなタイムスケジュールで行動するようなイメージを持ってもらうのが良いかと思います。

2.6年間だけでは薬剤師になれない!?

まず現役で入れない浪人生が結構います。ちなみに浪人生は浪人時代に鍛えられているので、勉強ができる人が多いです。

そして!!薬学部は留年する人が沢山います!!特に推薦で入ってきて浪人生や一般受験生のように高校時代にシャカリキに勉強を経験がない人は留年、退学する人が多いです。多い所だと毎年度20~30人くらい留年、退学しています。授業内容は学年を増すごとに難化していき、それに伴ってついていけない学生がわんさか出てきます。

では、最大どのくらい大学にいることになるのかというと、多くの大学では1学年に2年以上いられないところが多いみたいなので最大で12年くらいは在学することができます。

実際にいる私の友人にも6年生の時点で3回留年している人がいました。(その後6年生でも留年したので4留。都合10年間大学生。その後は連絡を取っていないので不明)

また、教授から聞いた話によると10年間近く在学していたが、最後の学年、6年生で3年目に入ってしまったため、退学させられた学生が居たそうです。

恐らく現役で入って6年間で卒業できる人は5割程度ではないかと思います。

まとめ

私自身がそうでしたが、インターネットなどでよく言われる「大学は遊ぶところ」という認識は薬学部では通用しません。

「大学は過去問があれば余裕で進級」も私の知る限りありえません。普通に教科書とかレジュメを読み込んでテストに臨みます。その必要があります。

6年間で卒業するためにも、生半可な気持ちで入学するならさっさと他大学にうつった方がいいかも?!