楽天

肝臓の臨床検査値の覚え方語呂合わせまとめ

シェアしてくださいな!!

臨床検査値の覚え方語呂合わせまとめ

肝臓機能検査

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)

ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)

この二つは組織が損傷すると血中に放出されて血中濃度が上昇する

※AST は心筋に存在割合が多い(心筋>肝>骨格筋の順に多い)

ASTのSは心筋(Sinkin)のS と覚えましょう

なので心筋梗塞や肝障害などの診断に使われる

※ALT は肝臓に存在割合が多い

ALTのLは肝臓(レバー liver)のL と覚えましょう

なので肝臓、胆道系の疾患に有用

基準値は40IU/Lを超えたら危険だと覚えましょう

覚え方は

Aと4って似てるから40超えたらと覚える程度で大丈夫かと

シェアしてくださいな!!

フォローする