楽天

化学結合についてのゴロ合わせ,覚え方,まとめ

シェアしてくださいな!!

化学結合について

まずは化学結合について、
高校の化学の範囲がいまいち理解していない人は
薬学生にはまずいないと思いますが。。。
しかし高校の範囲で最初につまづくとこでもあるので、

丁寧に解説します

1.化学結合の種類と特徴

原子間の相互作用には3つあります。

イオン結合、、共有結合、金属結合 です。

私の高校の教科書だと
分子結合と水素結合も一緒に書かれていたので混乱しましたが、
この二つと↑の三つは別物なので注意!

どう別物なのかというと、上が基本、下が例外
なイメージ

それぞれの特徴

金属結合

金属同士の結合で起きる

ポイントは

2つのキーワード

自由電子、金属伝導性

これだけわかっていれば大丈夫

イオン結合

陽イオンと陰イオンの静電的引力でくっつく。

原子と言うのは最外殻電子の数をうまく調整して

安定化しようとします。

(その電子の出どころというのは水とかの溶媒のことが多い)

その時に電気を帯びることがあって、

それにより電気的に引き合う。これがイオン結合。

ポイントは

イオン結合には方向性がない

ということ。

「互いに同じ力で引き合いますよ」ってこと

共有結合

イオン結合と似ているが、

イオン結合は
安定化しようとしたら電気を帯びる

電気で引き合う

イオン結合

共有結合は
安定化するには電子が足りない原子

そこにたまたま
安定化するには電子が多すぎる原子が現れる

電子を共有すれば安定する

共有結合

という違いがある

ポイントは

混成軌道やシグマ結合など結合の組み合わせが複数あると言うこと

シェアしてくださいな!!

フォローする