楽天

分子間相互作用の範囲のゴロ合わせ、覚え方

シェアしてくださいな!!

1.ファンデルワールス相互作用

ファンデルワールス力とは、

ほとんどの物質間で働く相互作用のこと

一般的に引き合う力(引力)のことを言うが
反発しあう力(斥力)のこともいうので注意!!

覚えるポイントは

分子間距離の何乗に反比例するのか

という点

見るのはー(音引き)の位置

フ ア ン デ ル ワ -

1 2 3 4 5 6

ーの前に6文字あるので

分子間距離の6乗に反比例する!

ちなみに静電相互作用というものがある

荷電粒子間に働く引力または斥力のことであるが、

この時の力をクーロン力という

これと混同しないように注意!

その違いは距離の6乗ではなく、

距離の1乗に反比例すること!

覚え方は同じで

ク -

ーの前には1文字しかないので

距離の1乗に反比例する

(違いを分かりやすくするために1乗と書いたが、普通に距離に反比例するだけなので曲解しないように)

2.双極子間相互作用

二つの分子があるきっかけで極性を持ち電気的な引力で引き合うこと

極性を持つきっかけは3つある

1、永久双極子

電気陰性度の差によって起こる

2.誘起双極子

文字通り、誘われて(極性が)起こる

極性を持っていなかったけど、

極性を持ったものが近づいてきたのが原因で

極性を持っちゃったヤツ

「誘起(勇気)を持って近づいた」

みたいな覚え方しても良い

3.瞬間双極子

これも文字通りで

瞬間的に極性を持つこと

人間もいつもはそば派だけど

その日の気分でうどん派になるみたいな感じ

(電子雲の揺らぎで起こると言われている)

シェアしてくださいな!!

フォローする