楽天

漢方の覚え方のコツ

シェアしてくださいな!!

漢方の配合を覚えるためのコツ!

漢方には名前には
医薬品のステム(Caブロッカーなら~ジピンみたいな)
のように
名前から予測できるものがあります。

漢方のステム!?覚え方のコツ!

1.「~丸」

「~丸」の例

八味地黄丸や牛車腎気丸

には

ブシ(附子)が含まれている。

八味地黄丸と牛車腎気丸は

どちらも附子剤というカテゴリーで
ブシを主剤とする生薬で
利尿効果を示す。

もう一つ附子剤に含まれる
「真武湯」
という処方もありますが「武」という文字から

「武士」→「附子」でつなげましょう!

例外:桂枝茯苓丸と六味地黄丸

桂枝茯苓丸は婦人薬
六味は八味からブシとケイシを除いたもの

2.「補~湯」

例として
十全大補湯、補中益気湯

補気剤や胃腸の改善に使われる。

参耆剤(ジンギザイ)というジャンルに分けられるこの二つ

どちらにも「補」という
字が使われていて

当帰、人参、白朮、甘草、黄耆

が使われています。

参耆の名前の通り

人参と黄耆(オウギ)が入っている。

またほとんどの場合、

ニンジン入れたらカンゾウもいれる!

(ニンジン入れたらほぼカンゾウが入っている)
(カンゾウが入ってるからと言ってニンジンが入ってるわけではないので注意)

例外:大建中湯

3.「~君子湯」

例として四君子湯や六君子湯

どちらも胃腸症状の改善に使われる。

人参湯類に分類され、
他に「人参湯」「大建中湯」があり、
どれもニンジンを構成生薬とします。

さて君子とは故事成語とかで良く出ますが、
「優秀な人」という意味。

優秀な人といえば「大将や幹部」ですよね!?

「忍術」が使える人も優秀!

大。。。タイソウ(大棗)

将。。。ショウガ(生姜)

幹。。。カンゾウ(甘草)

部。。。ブクリョウ(茯苓)

忍。。。ニンジン(人参)

術。。。ビャクジュツ(白朮)

と覚えてはいかが?

また気付いた方もいるかと思いますが、
2の「~補~湯」と3の「人参湯」は
効果が似ています。
どちらも胃腸にプラスに働くし、
人参とカンゾウが入っている。

効果としては人参湯の強化版が参耆剤です。

人参湯のパワーをさらに補っている感じです。

シェアしてくださいな!!

フォローする