楽天

交感神経系に作用する薬の覚え方 語呂合わせ

シェアしてくださいな!!

1.アドレナリン作動性シナプスの伝達機構

アドレナリン作動性シナプスの伝達機構に関する覚え方や語呂合わせ

1-1.交感神経は興奮するほうの神経で胸髄と腰髄から出ている

→覚え方「胸と腰を見ると興奮する」

エッチなものをみると興奮しちゃうね

1-2.交感神経は短い節前繊維(コリン作動性神経)と
長い節後繊維(アドレナリン作動性神経)で構成されている。

→覚え方「交感→ンなのでコが先アが後

コ。。。。コリン
カ(ka→ア)。。。アドレナリン

1-3.アドレナリン作動性シナプスの伝達にかかわるトランスポータには、
小胞モノアミントランスポータ、アミノトランスポータの2つがあり紛らわしい。

→覚え方「小胞というのはすぐに伝達できるように伝達物質をため込んでおくので
小胞~とつくものは増やす方に働くものが多い」

1-4.交感神経支配には例外(汗腺と副腎髄質)があって紛らわしい

→覚え方「その2つが肝心」

肝→

心→副髄質

1-5.カテコールアミンの生合成の流れが覚えられない

→ゴロ合わせ「血がドパドパ、身の安全」

血。。チロシン

ドパ。。。ドパ

ドパ、身。。。ドパミン

ノ。。。ノルアドレナリン

アン。。。アドレナリン

1-6.カテコールアミンの構造が覚えられない

→覚え方

チロシン。。。基本のアミノ酸なので覚えていない人はいないでしょう

ドパ。。。。チロシン水酸化酵素により環に水酸基が付加

→パの半濁点(゜)の通りチロシンに○(酸素のO)が付与した

ドパミン。。。。ドパが芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素によりカルボキシ基が脱位する
なのでアミノ基だけが残っている状態
つまり「ドパのアミン」なので「ドパミン

ノルアドレナリン。。。ドパミンβ‐水酸化酵素によりβ位に水酸基が付加される

→アドレナリンにメチル基がないから「Noーmetylアドレナリン」
という意味で「ノルアドレナリン」と読めるので
アドレナリンを覚えるとノル~も覚えられる

1-7.ノルアドレアナリンの不活化が覚えられない

→不活化に関わる酵素を覚えれば作用もわかる

COMT「カテコールOメチル転移酵素」
catechol-Omethyltransferase」の頭文字でCOMT
「トランスフェラーゼ」とは転移酵素の意味

まずカテコールアミンと言うのはカテコール核↓を持っているやつ

そしてカテコール核についているOメチルくっつけるから
「カテコールOメチル転移酵素」と言う名前(そのまんまの名前かよ)

「転移~」とつく酵素は何かをくっつける奴につく

そして
MAO「モノアミン酸化酵素」
monoamine oxidases」の頭文字でMAO

モノアミンを参加してしまう酵素で
アミノ基をカルボキシ基に酸化してしまう酵素

1-8.自律神経の2重拮抗支配の対応している器官が覚えられない

覚え方→

交感神経はα1とβ1とβ2が支配していて

副交感神経はM2とM3が支配している

β1は心臓だけを支配している
番大切な心臓はβ1 と覚える

M2も心臓だけを支配している
→それ以外はすべてM3

血管の収縮はα1、血管の拡張はβ2
→αとβのどちらの文字にも空洞があるが
αの方が狭くてβの方が面積が広い
→αは血管を細くする、ベータは血管を広げる

β3が働くのは脂肪分解促進、排尿筋(膀胱平滑筋)の弛緩のみ

シェアしてくださいな!!

フォローする