楽天

通風・高尿酸血治療薬に関するゴロ・覚え方

シェアしてくださいな!!

通風

尿酸の生産過剰
または
尿酸の排泄低下

血中尿酸が高値となる

尿酸が関節腔内に沈着

関節で炎症

激痛
炎症性疾患

関節炎発作

沈着してできた
尿酸塩結晶が関節に析出

それを貪食するために
白血球が浸潤

炎症性物質の遊離

炎症反応
痛風発作

痛風治療薬

1.抗発作薬
2.尿酸生合成阻害薬
3.尿酸排泄促進薬
4.尿酸分解酵素薬
5.尿アルカリ化薬

1.抗発作薬

1.1. コルヒチン

・微小管タンパク質(チューブリン)と結合

微小管の形成阻害

関節炎症部位への
好中球の遊走を抑制

・痛風の初期のみに有効
なぜ初期だけなのか
→白血球の遊走を阻害するので、
白血球が炎症部位にすでに到達してしまってからでは
薬効的にも効果がないのは分かりますね?!

コルヒチンの特徴のゴロ、覚え方

「コルヒチューブリン」
コルヒ。。。コルヒチン
チューブリン。。。チューブリンを阻害

微小管は白血球の遊走に関わっています。

正しい理解ではありませんが
イメージとしては細胞分裂に関わる微小管を阻害することで
通風に関わる細胞を作らせないようなイメージをもつとわかりやすい?

1.2.酸性NSAIDs(インドメタシンなど)

通風には短期間のパルス療法をする
(パルス療法:短期間の大量投与)

2.尿酸生合成阻害薬

2.1. アロプリノール

・キサンチンに似た分子構造

・キサンチンオキシダーゼ阻害

尿酸の生合成を抑制する

・アロプリノールがキサンチンオキシダーゼで代謝

オキシプリノールとなる
(オキシプリノールにもキサンチンオキシダーゼ阻害作用がある)

○オキシプリノールは非競合阻害
半減期はアロプリノールより長い
2.2. フェブキソスタット、トピロキスタット

非プリン型の選択型キサンチンオシダーゼ阻害薬

フェブキソスタットの覚え方、ゴロ

「フェブキソスタット」
キソ。。XO
X。。キサンチン
O。。オキシダーゼ

3.尿酸排泄促進薬

近位尿細管で尿酸の再吸収を抑制する

水分を十分に摂取する
尿酸結石の予防

3.1 プロベネシド

尿酸の再吸収を抑制
尿酸分泌も抑制

3.2 ベンズブロマロン

尿酸の再吸収を抑制

重大な副作用。。。劇症肝炎
投与開始6ヵ月以内に発現の可能性
最初の6か月は定期的な検査が必要

尿酸排泄促進薬の覚え方、ゴロ

「ちきしょ~はひふへほ」

ちきしょう~。。。劇症肝炎
は。。排泄促進
ひ。。拾わない(再吸収抑制)
ふ。。ロベネシド、ベンズロマロン
へ。。プロネシド、ンズブロマロン
ほ。。水分給(尿酸結石の予防)

やられたときのばいきんまん

3.3 ブコローム

1.尿酸の再吸収抑制による尿酸排泄促進

2.炎症の抑制
(毛細血管透過性抑制、抗炎症、抗リウマチ作用)

ブコロームのゴロ覚え方

「ブコローム」
ブ。。2。。2つの作用
抗炎症と排泄促進の二つ

「尿細管にぶっこむ!」
ぶっこむ。。ブコローム
尿細管にぶっこむ。。。排泄促進

4.尿酸分解酵素薬

ラスブリカーゼ

尿酸を酸化

水溶性のアラントイン
過酸化水素分解

尿中に排泄

5.尿アルカリ化薬

クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合薬

代謝物のHCO3-が尿をアルカリ化する

シェアしてくださいな!!

フォローする